2010年01月17日

ラーメン日記-030「鶏の穴」

ラーメンシリーズ第30弾は、
池袋駅東口北側にあるラーメン屋
「鳥の穴」です。

外観。
torinoana-1.jpg
席はカウンターで16席です。

スープは塩ベースの鶏白湯、麺はかん水の多い中太麺です。
torinoana-2.jpg
頂いたのは、白鶏らーめん(\680)の大盛り(+\80)です。
白湯スープは味はあっさりですが、どろどろで重いです。
ラーメンのスープというより、ポタージュです。
クルトンのように、味が染みるものであればおいしいでしょうが、
しっかりとした太麺には染みないので、★★☆☆☆です。

マイ箸を持ってくると大盛or煮卵が無料になる
サービスをやっているので、エコな方はどうぞ。
posted by 美津野かりん at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

つけめん日記-029「俺の空 池袋店」

つけ麺シリーズ第29弾は、
JR池袋南口にあるラーメン屋
「俺の空 池袋店」です。

外観。
orenosora-1.jpg
カウンターで13席とやや狭い店内、かと思いきや、
カウンターや調理場と同じだけの広さがあるアプローチがあり、
無駄広いです。この広さが間違いなく価格に反映されます。

スープは魚介系豚骨です。節の香りが漂います。
麺は、中太の平麺です。
orenosora-2.jpg
頂いたのは、浸け豚そば(\800)です。
ゴツゴツのロースのチャーシューが男っぽいです。
大盛(3玉)まで同額なのはお得ですが、
かけ豚そば(ラーメンに相当)は1玉で800円で
替玉100円増なので、お買い得感ゼロです。気をつけてください。
脂が多い割りにあっさりなのですが、塩気がきついため、くどいです。
冷盛だと食べにくいので、★★☆☆☆です。


熱盛を置いていないので、大盛りを頼むとダシに浸かっていないため、
皿に盛られた麺の表面が乾燥し、くっついて食べにくいです。

熱盛を出した上で、アプローチを半分にすることで
かけそばの価格を下げるか、椅子を増やすといった、
「食べる」という本業に力を入れれば、随分よくなると思います。
posted by 美津野かりん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

つけめん日記-028「麺屋 帝旺」

つけ麺シリーズ第28弾は、
JR大塚駅南口にあるラーメン屋
「麺屋 帝旺」です。

外観。
teioh-1.jpg
店内は狭く、カウンターで10席です。

スープは醤油豚骨、麺は、細麺です。
逆円錐型の器が特徴的です。
teioh-2.jpg
頂いたのは、とんこつラーメン「(\650)です。
ラーメンなのにつけ麺(ラーメン亜種)のタグをつけている理由は、
どこからどうみても「油そば」だからです。

スープは飲めないほど脂でどろどろです。
焦がしネギ、醤油、チャーシューの香りを
すべてが、ぎとぎとの脂で上書きしていました。
昼間は大盛同額らしいのですが、大して量は変わりません。
脂に騙されて、唐辛子の辛さが後から来たり、
無茶苦茶なので、★☆☆☆☆です。

後から来た辛さを拭おうと水を飲んでも、
いつまでも脂でした。
posted by 美津野かりん at 10:11| Comment(18) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

ラーメン日記-027「たち花」

ラーメンシリーズ第27弾は、
JR赤羽駅西口にあるラーメン屋
「たち花」です。

外観。
tachibana-1.jpg
席はカウンターで8席で狭いです。

スープは白味噌で、麺は中太の縮れ麺です。
tachibana-2.jpg
頂いたのは、たち花(\700)です。
白味噌の香りが強い、味噌ラーメンです。
味噌が甘くてあっさりなのにしっかりです。
脂は少なめなのでしつこくはありません。
味噌は苦手なのですが、食べやすくてよかったです。
お口直しにレモン系のゼリーが出たのもあって、★★★☆☆です。


店内のBGMはクラシックかジャズで、
雰囲気もアットホームなのが特徴的でした。
posted by 美津野かりん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

ラーメン日記-026「一蘭 池袋東口店」

ラーメンシリーズ第26弾は、
池袋駅東口北側にあるラーメン屋
「一蘭 池袋東口店」です。

一蘭といえば、福岡からやってきた
壁と暖簾で仕切られた完全個室のラーメン屋です。

外観。
ichiran-1.jpg
カウンターで22席です。

スープはもちろん白濁豚骨、麺は細麺です。
ichiran-2.jpg
頂いたのはラーメン(\750)です。
期待する白濁豚骨、固茹での細麺なのですが、
秘伝のタレと称した唐辛子の塊は何ですか?
豚骨の臭いを消すだけならまだしも、味までぶち壊しています。
風子「最悪です」☆☆☆☆☆。←星あげません。ヒトデでも0です。

タダでさえ量が少ないのに、替え玉別料金なのも
マイナスです。行きたいというのなら止めます。
posted by 美津野かりん at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

つけめん日記-025「あまのや」

つけめんシリーズ第25弾は、
池袋駅西口・立教大学前にあるつけめん屋
「あまのや」です。

外観。
amanoya-1.jpg
席はカウンターで14席です。

スープは、野菜だし+醤油で、
麺も縮れた中太麺と、典型的なつけ麺スタイルです。
amanoya-2.jpg
頂いたのは、正油つめ麺「(\650)です。
この手のつけ麺にしては油は多めです。そして辛いです。
野菜だしはそこそこ聞いています。
標準の盛りが500gと謳っていますが、茹で上がり後の重さで、
お得感が損なわれるので、★★☆☆☆です。

差がつけにくい醤油つけ麺ですが、
ここは辛つけ麺が同額という特徴があるので、
辛党の人は、どうぞ。
posted by 美津野かりん at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

ラーメン日記-025「らーめん伝説 麺豪K」

ラーメンシリーズ第25弾は、
西武鉄道江古田駅近くにあるラーメン屋
「らーめん伝説 麺豪K」です。

外観。
mengohkei-1.jpg
カウンターと2人掛けテーブルが13席と狭いです。

スープは白濁豚骨、麺は細麺です。
mengohkei-2.jpg
頂いたのは、麺豪とんこつ(\700)です。
スープ自体は白濁豚骨なのですが、
トッピングはぶつ切りキャベツに、厚切りの肉にマー油です。
固茹での麺とシャキシャキのキャベツは思ったより合います。
紅しょうがが先に乗っているので、豚骨を感じられないのが
残念でしたが、替え玉無料もあり大満足なので★★★★☆です。


あとで調べてみたら、本来は次郎系どんぶり屋で、
今はメニュー封印中だったようです。封印歓迎です!
だからキャベツに厚切りの肉だったのかと納得しました。
posted by 美津野かりん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

ラーメン日記-024「ラーメン工房 胡山」

ラーメンシリーズ第24弾は、
赤羽岩淵駅近くにあるラーメン屋
「ラーメン工房 胡山」です。

外観。
koyama-1.jpg
カウンターで10席程度です。

スープは鶏ガラ醤油と魚介のスープで、麺は中細麺です。
koyama-2.jpg
頂いたのは、正油ラーメン(\680)です。
魚介の香りが香りますが食べると鶏ガラの醤油です。
トッピングの焦がしネギと小松菜がよく合います。
あっさりしているのに味が続くので★★★☆☆です。

次はここの赤い味噌ラーメンを食べに行きます。
posted by 美津野かりん at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

つけめん日記-023「麺屋武蔵 二天」

つけ麺シリーズ第23弾は、
JR池袋南口にあるラーメン屋
「麺屋武蔵 二天」です。

外観。
musashiniten-1.jpg
カウンターで11席と、店内は狭いです。

スープは魚介系醤油で、麺は縮れた中太麺と
標準的なつけ麺です。
musashiniten-2.jpg
麺がつるつるして、いい感じです。
風味も良く、魚介の香りが漂っています。
しかし、そもそものスープがぬるいので、
タダでさえつけ麺は後半ぬるくなって脂が固まるのに、
そもそも温いってどういうことなんでしょう。
やや麺が少な目のため、同額の大盛が標準だと思うのですが、
スープの量も明らかに少ないので、★★☆☆☆です。


ラーメンの味とは直接関係ないのですが、店員は最悪です。
11席しかない店に5人もいるのに、全員役立たずです。
私の前に、つけ汁を出しておきながら、10分間そのまま放置です。
いっこうに麺が来ません。おかしいでしょう?

もちろん、怒って作り直させました。
当たり前のことですが、料理を出すということが
どういうことがわかっていないのでしょう。
牛丼屋やファミレスのバイトのほうがよほど教育されています。

食べ終わったあと、お詫びもありません。
なにが「ありがとうございました」だ、よく言えたものです。

店としては、最悪です。二度と行きません。
posted by 美津野かりん at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

ラーメン日記-023「博多風龍 池袋西口店」

ラーメンシリーズ第23弾は、
池袋西口にあるラーメン屋
「博多風龍 池袋西口店」です。

外観。
hakatafuryu-1.jpg
席は、カウンターで9席、テーブルが8席です。

スープは白濁豚骨で、麺は極細のストレート麺。
正統派博多ラーメンのスタイルです。
hakatafuryu-2.jpg
頂いたのは、ラーメン(\500)です。
やや豚骨臭さが抑えられてはいるものの、白濁豚骨です。
替え玉をして1回目はスープが何とか耐えていましたが、
替え玉2回目は、完全にスープが敗北しました。
スープの底に沈む骨粉の量がやや少ないからかもしれません。
しかし、量のお得感と価格をあわせると、★★★☆☆です。

替え玉2回まで無料はかなりお得ですが、
2回目の替え玉は推奨できません。
同額なら、替え玉1回ですが、
西口の「博多風龍」よりも東口の「博多天神」のほうが、
50歩100歩とはいえ、スープはしっかりしています。
お腹の空き具合で2店を選ぶと良いかもしれません。
posted by 美津野かりん at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。