2009年07月29日

つけめん日記-006「米沢ラーメン 愛愛 大塚店」

つけめんシリーズ第6弾は、
JR大塚駅南口にあるつけめん屋
「米沢ラーメン 愛愛 大塚店」です。

外観。
aiai-1.jpg
店内はカウンター、テーブルあわせて25席と広いです。

米沢ラーメンを置いているラーメン系中華料理店が、
つけ麺を置いちゃいましたというノリです。
スープは魚介系醤油で、麺は標準的なつけ麺である中太です。
aiai-2.jpg
中(600g)、大(900g)でおなじ\720で悪くはないのですが、
味はやや塩分が濃く冷えると辛いので★★☆☆☆です。


米沢ラーメンの店なのに米沢ラーメン食べてなかったなぁ。
posted by 美津野かりん at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

ラーメン日記-006「桂花ラーメン 池袋店」

ラーメンシリーズ第6弾は、
池袋駅・サンシャイン60通り近くにあるラーメン屋
「桂花ラーメン 池袋サンシャイン60通店」です。


外観。
keika-2.jpg
いわずと知れた熊本ラーメンの名店です。
席はカウンターとテーブルあわせて20席ほど。

スープは白濁豚骨の上に謎のマー油です。
麺は同じ白濁豚骨の博多の極細とは異なり、やや細めです。
keika-1.jpg
味は濃厚豚骨そのものですが、油が少ない分あっさりです。
その分、具に味がっかりついているので満足します。
桂花ラーメンはジャスミン茶がついて一杯700円。
脂でごまかさない正統派なので堂々の★★★★☆です。

平日の昼間は100円引きと安いので、また行きます!
ラベル:ラーメン 池袋駅
posted by 美津野かりん at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

つけめん日記-005「つけ麺道 五郎」

つけめんシリーズ第5弾は、
JR大塚駅南口にあるつけめん屋
「つけ麺道 五郎」です。

外観。
goroh-2.jpg
席はカウンターとテーブルあわせて20席くらいです。

15種類?の具材を使ったスープと謳っています。

種類でいえば、
スープは、和風系(かつおだし)ですが、野菜が多いです。
麺は、一般的なつけ麺サイズです。
goroh-1.jpg
味は「可もなく不可もなく」なので、★★★☆☆ですが、
並(1玉)、中(2玉)、大(3玉)でおなじ680円なのが魅力です。

安くてお腹いっぱい食べたいときにどうぞ。
posted by 美津野かりん at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

ラーメン日記-005「らーめん むつみ屋」

ラーメンシリーズ第5弾は、
JR大塚駅南口にあるラーメン屋
「らーめん むつみ屋」です。

外観。
mutsumiya-1.jpg
カウンターで15席ほどです。

北海道のラーメンのチェーン店で、
塩と味噌の2つのタレを売りにしています。
麺はかん水の多い黄色い黄色い標準サイズの麺です。
mutsumiya-2.jpg
味は無難ですが、物足りないです。
昼時は大盛り無料なのでそれが唯一の救いかもしれません。
チェーン店は安い割りにおいしいというイメージがあるのですが、
680円でこの味ではがっかりの★★☆☆☆です。

あとで調べてみたら、味噌味はもっと評判が悪いらしいです。
3種類以上のスープを使う店というのはハズレが多いというのは、
本当なのかもしれません。
ラベル:ラーメン 大塚駅
posted by 美津野かりん at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

つけめん日記-004「ゆうひ屋」

つけめんシリーズ第4弾は、
JR赤羽駅東口にあるラーメン屋
「ゆうひ屋」です。

外観。
yuhiya-2.jpg
席はカウンターのみで10席くらいと狭いです。

ポスターには味噌も文字がありますが、
普段は醤油と塩の2つのスープを使っています。

つけ麺=大勝軒≒魚介系醤油スープが多いのですが、
塩つけ麺は、赤い色をした塩のスープです。
麺は、加水された黄色い麺の標準つけ麺サイズです。
yuhiya-1.jpg
つけ麺は麺に味が染みないので、あっさりした塩味は難しく
塩つけ麺≒ハズレなのですが、
趣味の域ではなくプロの域なので、★★★☆☆です。
変り種の塩つけ麺で、一杯700円です。

塩つけ麺に興味が沸いたら、挑戦してみてください。
posted by 美津野かりん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

つけめん日記-003「麺 えるびす」

つけめんシリーズ第3弾は、
池袋東口にあるつけめん屋
「麺 えるびす」です。

外観。
erubisu-1.jpg
池袋のつけ麺界では、大勝軒と双璧をなす店です。
席はカウンターのみ15席ほどです。

スープは魚介系+醤油なのですが酸味の効く独特の味です。
麺は中太のストレート麺と、標準的なつけ麺サイズです。
erubisu-2.jpg
やはり酸味が効いています。
背脂や鰹節の量でごまかす店とは違い、あっさりです。
味の濃いつけ麺が好まれるつけ麺の中でも異端児です。
つけめんは750円とまぁまぁですが、
大盛りが同じ値段ではないので★★★☆☆です。

夏にさっぱりとしたつけ麺を食べるにはちょうどいいかもしれません。
他店のつけ麺より、冷やし中華と勝負しているのだと思いました。
posted by 美津野かりん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

ラーメン日記-003「焼豚 黒ナベ」

ラーメンシリーズ第3弾は、
東京メトロ東池袋駅前にあるラーメン屋
「焼豚 黒ナベ」です。

外観。
kuronabe-2.jpg
黒ナベの名前の通り、黒いです。
席はカウンターのみで8席くらいとかなり狭いです。

スープは、真っ黒に濃い醤油で黒胡椒の香りが強いです。
麺はラーメンにしては太いです。細めのうどんくらいあります。
kuronabe-1.jpg
スープの味は、見た目どおりかなり濃く塩辛いですが、
太い麺にはまったく通用していません。焼豚もさらに個性を発揮。
焼豚ソバ(並)で1杯750円して、スープに麺と具を載せただけと
趣味の域を超えない奇を狙ったラーメンなので★☆☆☆☆。

スープも素材も、単独では悪いものではないだけに残念です。
posted by 美津野かりん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

つけめん日記-002「醤丸 柏崎店」

つけ麺シリーズ第2弾は、
新潟県柏崎市街にあるラーメン屋
「醤丸 柏崎店」です。

外観。
shomaru-1.jpg
店内はかなり広く、テーブルで10席、座敷で30席はあります。

味は、鶏がら醤油+魚粉で、麺は太麺です。
shomaru-2.jpg

今回頼んだのはつけ麺850円ですが、写真は後日食べた辛みつけ麺のものです。
水菜が特徴的なトッピングです。ダシが濃く、辛い上に脂っこいです。
寒い地方に脂は必要なのかもしれませんが、スープで割っても重かったです。
大盛りが同額とはいえ、一杯800円は高いので★★☆☆☆です。

東京のつけ麺とはまた違った世界がありました。
posted by 美津野かりん at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。