2009年09月30日

つけめん日記-015「オリきん 池袋店」

つけ麺シリーズ第15弾は、
池袋駅西口にあるラーメン屋
「オリきん 池袋店」です。

外観。
orikin-1.jpg
カウンターで10席ほどと狭い店内です。

スープは魚介と豚骨で、かなり甘いです。
麺は、もっちりした太麺です。
orikin-2.jpg
ゴマだれのようなスープに、もちもちした太麺なので、
つけ麺というよりは、サラダうどんに近い食べ物だと思います。
熱盛もありますが、断然、冷盛です。
大盛・中盛でも同じ700円とお得なので、★★★★☆です。

ただ、昼の3時に行って店員がお昼を客と同じ
カウンターで食べていたのですが、食べる前に、
カウンターにおいている割りスープが切れてるくらい確認してほしいです。
配慮が足りません。非常に残念です。
posted by 美津野かりん at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

ラーメン日記-015「重厚煮干中華そば 大ふく屋 赤羽店」

ラーメンシリーズ第18弾は、
JR赤羽駅東口にあるラーメン屋
「重厚煮干中華そば 大ふく屋 赤羽店」です。

外観。
daifukuya-1.jpg
店内はカウンターで10席と狭いです。

スープは豚骨+魚介で、麺はやや細麺です。
daifukuya-2.jpg
頂いたのは、重厚中華そば(\730)です。
片栗粉が入っているのではないかと思うほどのドロドロです。
ラードとコラーゲンが多く、また豚骨臭さを粉末状の煮干で消しています。
重いですが、比較的食べやすかったので★★★☆☆です。

大盛りも同額なのもいいところです。
ただ、メニューにおなじ存在感のあるスープを使ったつけ麺があるのですが、
熱盛にしても冷えてしまい、脂やコラーゲンが固まるのは必至で、
熱さを比較的失わないラーメンとどちらがよいのかは割れそうです。
posted by 美津野かりん at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

ラーメン日記-014「龍旗信 なんば店」

ラーメンシリーズ第14弾は、
大阪・なんばパークスの端にあるラーメン屋
「龍旗信 なんば店」です。

外観。
ryukishin-1.jpg
店内はカウンターで10席程度です。
南海電鉄の高架下にあるのにガラス張りと少しオシャレです。

スープはあっさりの塩です。塩バターではありません。
麺は細めのストレートです。いたってシンプルです。
ryukishin-2.jpg
チャーシューと水菜と白ネギとネギという
スープの味を妨げず引き立てるトッピングです。
塩も効き過ぎず、出しの香りがします。
最後まで飲み干してしまうスープに、★★★★★です。

Simple is best.
ラーメン全体にいえることですが、シンプルが一番です。
posted by 美津野かりん at 23:53| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

つけめん日記-013「まっち棒 渋谷宮益坂店」

つけめんシリーズ第13弾は、
渋谷・宮益坂の「ラーメン大戦争」2階にある
「まっち棒 渋谷宮益坂店」です。

渋谷にはラーメン大戦争と呼ばれるビルがあります。
4階建ての細長いビルなのですが、
フロアごとに一件ラーメン屋が入るゲリラ的フードテーマパークです。
macchibo-1.jpg
女性が描かれた看板が目印です。

ここの2階にあります。
中はカウンターで10席ほどと狭いです。

和歌山ラーメンと聞いていましたが、
今回は、まぜそば(720円)を戴きました。
macchibo-2.jpg
焦がしネギと、甘辛い濃厚なスープというかソース?に、
マヨネーズを加えてまぜ、麺を絡めて食べる変なものです。
マヨネーズの味が強くスープの味を消しているので★★☆☆☆です。

渋谷という場所柄、少し盛りも少なかったようです。
次回は普通の和歌山ラーメンを食べてみようと思います。
posted by 美津野かりん at 16:14| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

ラーメン日記-013「炭火七輪 暖」

ラーメンシリーズ第13弾は、
東京メトロ新大塚駅前にあるラーメン屋
「炭火七輪 暖」です。

外観。
dan-1.jpg
カウンターとテーブルであわせて25席ほどです。
煙を吸い込む換気扇があるなど、どう見ても焼肉屋だと思ったら、
昼はラーメン、夜は焼肉屋になるんだそうです。なんじゃそりゃ。

スープは醤油豚骨、もしくは醤油の選択制で、
麺は四角い中太麺です。
dan-2.jpg
頂いた醤油豚骨ラーメン(\630)
豚骨の風味はするのですが、圧倒的な背脂の味が支配的です。
安くて手ごろですが、スープの味がわからないので★★☆☆☆です。


夜の焼肉や、サイドメニューの盛岡冷麺が気になります。
暗い店内で一際目立つ水槽はもっと気になります。
posted by 美津野かりん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

つけめん日記-012「らー麺 夢あかり」

つけめんシリーズ第12弾は、
東京メトロ新大塚駅前にあるラーメン屋
「らー麺 夢あかり」です。

外観。
yumeakari-1.jpg
店内にはカウンターで10席程度です。

スープは鳥と豚に鰹節に鯖節らしいです。
麺はつけ麺に多い中太麺です。
yumeakari-2.jpg
ダシはいろいろ謳っていますが、鰹節の味以外は目立ちません。
おいしいですが謳い文句とは違います。
辛つけ麺は普段褒めないのですが、
辛つけ麺(\800)の辛味噌は盛りも味も見事です。
ただ、熱盛りでもスープが温いので★★★☆☆です。

スープ割のスープが地味にいい味してたり、
随所にいいところがあるので、
ちょっとしたこと十分よくなりそうです。
posted by 美津野かりん at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

ラーメン日記-012「だるまのめ 池袋西口店」

ラーメンシリーズ第12弾は、
池袋駅西口にあるラーメン屋
「だるまのめ 池袋西口店」です。

外観。
darumanome-1.jpg
カウンターとテーブルをあわせて20席ほどでしょうか。
券売機が外(屋根なし)なところが気になります。

スープは白濁豚骨で、麺は細麺です。
東京で豚骨ラーメンといえば邪道・醤油豚骨ラーメンが出てきますが、
九州系の豚骨ラーメンです。
博多よりも熊本ラーメンに近いかもしれません。
darumanome-2.jpg
豚骨臭さはまったくありませんが、豚骨の味がします。
一番の特徴は、ラーメンが出るまでゴマをすって待つことでしょうか。
待ってる間が退屈ではないのもいいところです。
あっさり豚骨のだるまラーメン650円に、餃子300円を足して
1000円でおつりが来るなど、お手ごろなので★★★★☆です。

好きな人には物足りないかもしれませんが、
九州の豚骨ラーメンをはじめるにはちょうどいいと思います。
posted by 美津野かりん at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

つけめん日記-011「つけ麺さとう 神田店」

つけ麺シリーズ第11弾は、
都営小川町駅付近にあるラーメン屋
「つけ麺さとう 神田店」です。

外観。
satou-1.jpg
カウンターのみで、20席程度です。

スープは醤油+魚介+馬骨らしいです。
麺中太麺と、馬骨を除けば、標準のスタイルです
satou-2.jpg
頂いたのは醤油つけ麺(\700)です。
かなりまろやかなつけ麺で、味は甘いです。
2玉まで大盛り同額で、
トッピング1点サービスを時々やっているのは評価しますが、
魚介や馬骨スープの味はあまり感じず、
醤油の塩辛さが強かったので、★★☆☆☆です。

甘いスープを一味でアクセントをつけようとして
濃いのに味がないのはちょっとなぁ。
posted by 美津野かりん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。