2009年11月29日

ラーメン日記-024「ラーメン工房 胡山」

ラーメンシリーズ第24弾は、
赤羽岩淵駅近くにあるラーメン屋
「ラーメン工房 胡山」です。

外観。
koyama-1.jpg
カウンターで10席程度です。

スープは鶏ガラ醤油と魚介のスープで、麺は中細麺です。
koyama-2.jpg
頂いたのは、正油ラーメン(\680)です。
魚介の香りが香りますが食べると鶏ガラの醤油です。
トッピングの焦がしネギと小松菜がよく合います。
あっさりしているのに味が続くので★★★☆☆です。

次はここの赤い味噌ラーメンを食べに行きます。
posted by 美津野かりん at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

つけめん日記-023「麺屋武蔵 二天」

つけ麺シリーズ第23弾は、
JR池袋南口にあるラーメン屋
「麺屋武蔵 二天」です。

外観。
musashiniten-1.jpg
カウンターで11席と、店内は狭いです。

スープは魚介系醤油で、麺は縮れた中太麺と
標準的なつけ麺です。
musashiniten-2.jpg
麺がつるつるして、いい感じです。
風味も良く、魚介の香りが漂っています。
しかし、そもそものスープがぬるいので、
タダでさえつけ麺は後半ぬるくなって脂が固まるのに、
そもそも温いってどういうことなんでしょう。
やや麺が少な目のため、同額の大盛が標準だと思うのですが、
スープの量も明らかに少ないので、★★☆☆☆です。


ラーメンの味とは直接関係ないのですが、店員は最悪です。
11席しかない店に5人もいるのに、全員役立たずです。
私の前に、つけ汁を出しておきながら、10分間そのまま放置です。
いっこうに麺が来ません。おかしいでしょう?

もちろん、怒って作り直させました。
当たり前のことですが、料理を出すということが
どういうことがわかっていないのでしょう。
牛丼屋やファミレスのバイトのほうがよほど教育されています。

食べ終わったあと、お詫びもありません。
なにが「ありがとうございました」だ、よく言えたものです。

店としては、最悪です。二度と行きません。
posted by 美津野かりん at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

ラーメン日記-023「博多風龍 池袋西口店」

ラーメンシリーズ第23弾は、
池袋西口にあるラーメン屋
「博多風龍 池袋西口店」です。

外観。
hakatafuryu-1.jpg
席は、カウンターで9席、テーブルが8席です。

スープは白濁豚骨で、麺は極細のストレート麺。
正統派博多ラーメンのスタイルです。
hakatafuryu-2.jpg
頂いたのは、ラーメン(\500)です。
やや豚骨臭さが抑えられてはいるものの、白濁豚骨です。
替え玉をして1回目はスープが何とか耐えていましたが、
替え玉2回目は、完全にスープが敗北しました。
スープの底に沈む骨粉の量がやや少ないからかもしれません。
しかし、量のお得感と価格をあわせると、★★★☆☆です。

替え玉2回まで無料はかなりお得ですが、
2回目の替え玉は推奨できません。
同額なら、替え玉1回ですが、
西口の「博多風龍」よりも東口の「博多天神」のほうが、
50歩100歩とはいえ、スープはしっかりしています。
お腹の空き具合で2店を選ぶと良いかもしれません。
posted by 美津野かりん at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

つけめん日記-022「瞠 池袋店」

つけ麺シリーズ第22弾は、
JR池袋東口・豊島区役所裏にあるラーメン屋
「瞠 池袋店」です。

外観。
miharu-1.jpg
カウンターで12席と狭いですが、バーのような雰囲気の店です。

スープは魚介系醤油で、麺はもちもちした中太麺です。
miharu-2.jpg
頂いたのは、つけ麺(\750)です。
どろりとしたスープなんですが、見た目ほどは濃厚ではなく、
程よく魚介の香りがしました。
そのスープに、もちもちした麺がよくあいます。
ややしょっぱかったですが、また食べたくなったので★★★★☆です。

おなじおいしい店でも、
化学調味料を使うと瞬間的にはおいしいですが、尖っているのに対し、
使わない店は、食べたときにはそこまでですが、じわじわ味がきます。
それを教えてもらったような気がします。
posted by 美津野かりん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

ラーメン日記-022「ちりめん亭 北大塚二丁目店」

ラーメンシリーズ第22弾は、
都電巣鴨新田駅近くにあるラーメン屋
「ちりめん亭 北大塚二丁目店」です。

外観。
chirimentei-1.jpg
カウンターで10席程度です。

モスバーガーグループのチェーン店です。
いつの間にこんなことやってたんでしょうね、モスバーガー。

スープは醤油で、麺は細麺です。
chirimentei-2.jpg
頂いたのは、特選中華そば(\730)です。
昔ながらの中華そばを、トッピングで内装リニューアルしたような、
ラーメンでした。どっちつかずの味です。
安さでも旨さでも惹きつけられる物がないので、★★☆☆☆です。

火ではなく電磁調理器でスープを沸かしているのが、
興ざめする原因だったのかもしれません。
posted by 美津野かりん at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

ラーメン日記-021「とんこつらーめん七志 池袋西口店」

ラーメンシリーズ第21弾は、
池袋駅西口北側にあるラーメン屋
「とんこつらーめん七志 池袋西口店」です。

外観。
nanashi-1.jpg
カウンターとテーブル、あわせて40席とかなり広いです。

スープは典型的な醤油豚骨で、麺はストレートの中太麺。
5.6年くらい前に一時代を築いた流れのラーメンです。
nanashi-2.jpg
頂いたのは、らーめん(\750)です。
特徴は、きんぴらのような牛蒡が入っていることです。
魚介ではなく、牛蒡で豚骨臭さを消すのはなかなかいいと思います。
スープの脂もくどくなく、程よかったです。
ただ、このスープに「かん水」の少ない太麺はあいません。
いいとこ取りした結果、ちぐはぐ、ということで、★★☆☆☆です。


きっとブームに乗った頃は、いっぱいだったでしょうが、
今や、休日のお昼時に、広い店が埋まらず閑古鳥でした。
それがコストに跳ね返っていると思うと・・・。
posted by 美津野かりん at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

ラーメン日記-020「らーめん 博多奴」

ラーメンシリーズ第20弾は、
池袋北口にあるラーメン屋
「豚骨らーめん 博多奴」です。

外観。
hakatamon-1.jpg
席はカウンターで12席でやや狭いです。

スープは白濁豚骨で、麺は極細のストレート麺。
文字通り博多ラーメンのスタイルです。
hakatamon-2.jpg
頂いたのはラーメン(\500)です。
濃厚豚骨はなく、あっさり目の豚骨ラーメンです。
お昼時は替え玉1杯が無料になるサービスをやっています。
なぜか背脂が浮いています。なぜ?ってことで★★☆☆☆です。

ようやく見つけた白濁とんこつの博多ラーメンの店だと思っただけに
非常に残念です。
本当に背脂さえなければ・・・。
posted by 美津野かりん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。