2009年08月05日

つけめん日記-007「わっぜ」

つけめんシリーズ第7弾は、
JR赤羽駅東口にあるつけめん屋
「豚骨らーめん・つけ麺 わっぜ」です。

外観。
wazze-2.jpg
カウンターで1階に10席、2階に10席ほどあります。

スープは豚骨が強いとはいえ醤油豚骨で、
麺は細麺と、豚骨精神を東京仕様で妥協した感じです。
wazze-1.jpg
豚骨の味はしますが、豚骨臭はほとんどありません。
上に載っている鰹の魚粉で誤魔化しているのだと思います。
大盛りも同一料金の750円ですが、食べるのが苦しいです。
豚骨で大衆ウケを狙おうとしてこけているので★★☆☆☆です。

店の名前に豚骨を冠するなら、妥協したり媚びたり、
隠そうとしたりせず堂々としてほしいです。
posted by 美津野かりん at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。